中国留学歴8年が「難しい中国語の発音」を上達させる方法を教えます。

 

 
中国語の発音難しすぎるよ..どうすれば上手くなるの?
 
ふーじゃー
・中国留学歴8年
・中国名門大学卒
HSK6級所有 の僕が紹介します!
 
中国語のおすすめ勉強法が知りたい方はこちら▼
Check!

    ふーじゃー ・中国留学歴8年・中国名門大学卒・HSK6級所有 の僕が紹介します!   今回、中国留学歴8年、HSK6級取得、中国名門大学卒業の僕が「中国語のおすすめ勉強法」を紹介していきたい[…]

勉強

 

なぜ日本人にとって中国語の発音が難しいのか

中国語は発音の数が多い

 

中国語の発音はピンイン(pinyin)というアルファベットを使った記号で表現されます。

 

日本語の母音と子音の関係があります。日本語は51音しかありませんが、中国語は膨大で、母音は36個、子音は21個あるため、合計405個の発音があります。

 

更にここに声調(四声)も加わることで約1300音通りの発音になるため複雑になり混乱させられます。

 

日本語にはない声調(四声)がある

 

知っている人も多いかもしれませんが、中国語には声調(四声)というものがあります。

つまり「4つの声のトーン」があります。

 

基本的に日本語には声調がないので、日本人にとって中国語を勉強する上でこの声調(四声)でつまずく人が多いです。

 

例えば「ma」という音だけでも声調が違うだけで、全く意味が違ってきます。

第一声「妈(お母さん)」

第二声「麻(アサ)」

第三声「马(馬)」

第四声「骂(罵る)」

 

中国語の発音を上達させるポイント

まず羞恥心を捨てる

 

まずは「羞恥心」を捨ててください。

これは中国語だけではなく、どの語学を勉強する上でも大切になってきます。

 

みなさんも学生時代、クラスメイトの前で英語で発表する時に「間違ったらどうしよう」「みんなの前で発表するのは恥ずかしいな」などと感じたことはあるのではないでしょうか?

僕もその中の一人でした。英語の授業ではなるべく当てられないように、絶対に先生とは目を合わせませんでした笑

 

そのせいで英語は社会人になるまではほとんど話すことができませんでした。

 

しかしよく考えてください。違う言語を話しているのだから、最初は上手く話せなくて当たり前です。

何も恥ずかしいと思うことはありません。

 

海外に住んでいると外国人が「俺日本語話せるから友達になろうぜ」とよく言われるのですが、そのほとんどが「ありがとう」「私の名前は〇〇です」レベルで日本語が話せると言ってきます。

こっちからすると堪ったもんではありませんが、それくらい彼らは自身満々で話してきます。

 

日本人は「完璧に文法通りに語学を話さないといけない」という思いから羞恥心を抱きがちです。

 

中国語をはじめとした語学が上手くなりたいと思うのであれば今すぐ「羞恥心」は捨てましょう。

 

発音や四声を意識しすぎない

 

多くの日本人が中国語を学ぶ上で初めにつまずくのが発音だと思います。

発音でつまずく多くの理由は、ピンインや四声を意識しすぎだからです。

 

先述しましたが、中国語には発音と四声を加えると約1300音通りもあります。

真面目で完璧主義な日本人はイチから暗記しようとしてしまいがちです。しかしはっきり言って丸暗記は不可能です。

 

僕も初めて中国語を勉強した時は、できるだけ暗記をしましたが、いざ中国人と話すと意識しすぎて返って不自然になり通じなかった経験がたくさんあります。

 

はっきりいいます。

発音や四声は耳で聞いて慣れてください。

 

後述でもう少し詳しく説明しますが、頭で小難しく考えるのではなく、ネイティブの中国語をたくさん聞いて慣れましょう。

 

徹底的にシャドーイングして真似る

 

ここから少し実践的な中国語の上達方法を説明します。

 

僕が一番効果があるなと思う発音の上達方法は「シャドーイング」です。

 

「シャドーイング」とは、「聞こえてくる音声を、聞こえたとおりに発声していく」という語学学習法です。

影のように追いかけ、真似して発声するので「Shadowing(シャドーイング)」と言われています。

 

イメージとしては、耳から聞こえた音を0.5秒くらい遅れて発声し始めます。

 

(ネイティブの音声)你好,我是〇〇.我来自日本…

(自分の発声)    你好,我是〇〇.我来自日本…

 

シャドーイングを続けることで、正しい発音やアクセントが自然と身体に入り込んでいくので、リスニング力も自然と向上していきます。

毎日10分でもシャドーイングを続ければ、気づいた頃(3ヶ月~半年後)には驚くほど自然と綺麗な発音が出来るようになっていると思います。

 

好きな映画や動画を見て少し長いフレーズを完コピする

 

シャドーバニングにある程度慣れ、簡単なリスニングやスピーキングができるようになれば、次は好きなYouTubeや映画、ドラマを中国語で何度も見ましょう。

 

オススメの見方は

  1. まず、音声「中国語」字幕「日本語」で内容を全て理解する。
  2. 内容を理解したら、字幕を消し、音声だけで繰り返し見る。
  3. もうこれ以上聞き取れない!と思ったら、再び字幕を入れ、聞き取れていた中国語を実際の内容を照らし合わせる。
  4. 字幕を音読しながら再度見る。なるべく俳優や女優の真似をするイメージで音読する。これをひたすら繰り返す。

 

Check!

中国語の映画が見れるサイト フジテレビオンデマンド 14日間無料で使える 邦画・海外作など22,000以上が見放題     优酷(you ku) 优酷视频-看我的生活精彩呈现無料poste[…]

 

また映画や動画で勉強することで、教材などには書かれていない、日常的な表現やスラングなども学ぶことができ、友達や親しい人との会話がかなり盛り上がります。

 

Check!

    ふーじゃー ・中国留学歴8年・中国名門大学卒・HSK6級所有 の僕が紹介します!   中国留学歴8年の僕が今回は学校では教えてくれない最新の中国語ネット用語・スラングを紹介します。   「スラング」とは、若者の間で使われ[…]

Check!

    ふーじゃー ・中国留学歴8年・中国名門大学卒・HSK6級所有 の僕が紹介します!   前回「中国人がよく使うネット用語・スラング22選」を紹介しましたが、今回は「数字を使った中国語のネット用語・スラング15選」を紹介した[…]

 

繰り返し何度も聞き耳を中国語に慣らす

 

繰り返しになってしまいますが、難しい中国語の発音を上達させるためには、繰り返し何度も中国語をシャドーイングし、慣れていきましょう。

 

語学は急にできるようになるものではないので、最低3ヶ月~半年は試してみてください。気づいた頃にはきれいな発音で中国語を話せるようになっていると思います。

 

Check!

    ふーじゃー ・中国留学歴8年・中国名門大学卒・HSK6級所有 の僕が紹介します!   今回、中国留学歴8年、HSK6級取得、中国名門大学卒業の僕が「中国語のおすすめ勉強法」を紹介していきたい[…]

勉強

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE