ダイアモンドヘッド

ダイヤモンドヘッド頂上でご来光見てきたらインスタ映えしすぎた

ダイアモンドヘッドからのご来光

 

こんにちはふーじゃーです。

今回はハワイのオアフ島の象徴、「ダイアモンドヘッド」に一番乗りして、ご来光を見てきました。

この感動をみなさんにも伝えたいと思い記事にしました。

是非見てください。

 

ダイアモンドヘッドとは

 

ワイキキビーチとダイアモンドヘッド

 

ハワイと言えば、ワイキキビーチとダイアモンドヘッドを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

見た目は山の様に見えるダイヤモンドヘッドは、実は30万年前に噴火した死火山なんです。標高は232m。ダイヤモンドヘッドの中央部分はクレーターとなりくぼんでいて、山頂まではトレイルがあり、毎日多くの人が登頂しています。

 

頂上からは海を一望できるため沿岸防衛に理想的な場所とされ、1904年に連邦政府に買い上げられました。その後、1943年まで軍事要塞と化していったため、現在でも砲撃統制所や観察所など軍事施設の名残も感じられます。

またハワイ先住民は「マグロの額」という意味でハワイ語で「レアヒ」(Lēʻahi)と呼んでいるそうです。

 

ダイアモンドヘッドからご来光を見るためには

ダイアモンドヘッド頂上でご来光を見れるのは12月〜3月と呼ばれている

 

ダイアモンドヘッドの頂上でご来光を見るためには、営業時間と日の出時刻の関係から12月〜3月頃がベストと言われています。

 

ダイヤモンドヘッドのゲートは朝6:00に開門されます。(1年中同じ時刻)

しかし、日の出の時刻は時季によって変わってきます。

 

※毎月1日の時刻

 

頂上までは最低でも30分以上はかかるため、日の出が早い時期は登頂中に日が昇ってしまいます。

 

ダイアモンドヘッド頂上でご来光を見るためには6:00には登り始める必要がある

 

ダイアモンドヘッドの頂上でご来光を見るためにはゲートの開門時間と同じ6:00には登り始める必要があります。

というのも、ダイアモンドの登山ルートは基本的には人、1人がようやく通れる程狭く、すぐに大渋滞が起こります。

 

ダイアモンドヘッド

 

せっかく頂上からご来光を見るために早起きをして登り始めても、大渋滞にハマってしまうと台無しです。

必ず、ゲートの開門時間と同じ6:00には登りはじめましょう。

 

ダイアモンドヘッド頂上までの行き方

ダイアモンドヘッド登山口までタクシーで向かうべき

 

ご来光を見たいという人は、ダイアモンドヘッド登山口までは、滞在先からタクシーかUberで向かうべきです。

ワイキキに滞在している人であれば、登山口までタクシーで10分程で行くことができます。

 

ダイアモンドヘッド 登山口ゲート
ダイアモンドヘッド 登山口ゲート

 

もちろん路線バスやレンタカーで行く方法もありますが、路線バスはバス停から登山口まで歩く必要があり、レンタカーで向かう場合は駐車に時間がかかり、登り始める頃には大渋滞にハマっているでしょう。

 

ダイアモンドヘッドからの眺め
ダイアモンドヘッド 登山口から見える夜景

 

タクシーで5:50にはダイアモンドヘッド登山口に着けるようプランを立てておくことをおすすめします。

 

ダイアモンドヘッドビジターセンターで入山料を払う

 

登山口を抜けると前方にダイアモンドヘッドビジターセンターが見えてきます。

 

ダイアモンドヘッドビジターセンター
ダイアモンドヘッドビジターセンター

 

 

ダイアモンドヘッドビジターセンターで入山料1ドルを払い入山しましょう。

 

約30分かけダイアモンドヘッド頂上を目指す

 

ダイアモンドヘッドビジターセンターで入山料を払うと、後はダイアモンドヘッド登頂を目指しましょう。

渋滞にハマらなけれな約30分で登頂可能です。また登山ルートもほぼ一本道なので迷う心配もないでしょう。

 

ダイアモンドヘッド 朝焼け

 

登山の途中では軍事施設の名残や美しい朝焼けを見ることできます。心癒されること間違いなし!

 

ダイアモンドヘッド ルート

ダイアモンドヘッド 朝焼け

ダイアモンドヘッド頂上から見えるご来光

ダイアモンドヘッドご来光

ダイアモンドヘッドから見える街並み

ダイアモンドヘッドご来光

ダイアモンドヘッドご来光

ダイアモンドヘッドご来光

ダイアモンドヘッドご来光

ダイアモンドヘッド登頂に向けて用意するもの

 

ダイアモンドヘッド登頂に向けて用意しておいた方がいいものは

  • ヘッドライト又は懐中電灯
  • 上着
  • カメラ
  • 入山料1ドル

ダイアモンドヘッドにご来光を見に行く人は、日の出前に登り始める必要があるため、もちろん辺りは真っ暗です。

登山ルートにライトや外灯は設置されておらず、足場が悪いとこもあるので、携帯のライトで何とかなるだろうと思っている人も、ヘッドライトか懐中電灯は持っていくことをおすすめします。

また、ハワイと言えども朝は肌寒く、頂上付近では風もあるので上着は1枚もっていくといいでしょう。

 

ダイアモンドヘッド下山後はKCCファーマーズマーケットへ

KCCファーマーズマーケット

 

ダイヤモンドヘッドのふもとにある

Kapiʻolani Community College(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)では、

毎週土曜日に、KCCファーマーズマーケットも開かれています。

多くの屋台が並び、観光客だけでなくたくさんの地元民も訪れ非常に賑わいます。

 

ハワイ島コナ産のアワビやパパイヤ、ビッグホットドックなどがおすすめです。

訪れた際は是非食べて見てくだいね!

 

KCCファーマーズマーケット営業時間 毎週土曜日 7:30〜11:00

 

みなさんも忙しい日々を抜け出して、手軽・身軽にハワイに行きませんか?

ハワイ旅行に必要最小限の持ち物をまとめてみました。

是非こちらも参考にしてみてください!

 

ダイアモンドヘッド
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE