外灘 wai tan

【上海おすすめ観光スポット23選】上海在住8年の僕がデープな上海教えます!

人生死ぬまで青春!」したいと思っているふーじゃーです。

今回は上海在住経験8年の僕が上海の定番スポットから、穴場スポットまで全部教えちゃいます!!

 

もう上海のおすすめスポット大体知ってるわっ!!っていう人は

【穴場】上海おすすめスポット7選 から見てください。恐らくあなたの知らない上海もありますよ!

 

ガイドブックにも載っていない場所もあるので、是非上海に訪れる際は寄ってみてください!!

 

また、中国ではネットへの規制が厳しいため、YahooやGoogleのネット検索をはじめとして、LINEやインスタグラム、Facebook、YouTubeさえも使えません。

しかし普通のポケットWi-Fiではなく、VPN付きのポケットWi-Fiを使用すると、LINEやインスタグラムなど、全ての検索エンジンやSNSが使えます。

中国に旅行に行く際はVPN付きのポケットWi-Fiを忘れずに持っていってくださいね。また全てのポケットWi-FiにVPNが付いているわけではないので、VPN付きポケットWi-Fiを事前予約しておくことをおすすめします。

 

おすすめのVPN付きポケットWi-Fi

【格安】パケット定額1日300円から【格安】
海外でインターネットするならグローバルWiFi!

 

【定番】上海おすすめ観光スポット16選

外灘(wai tan)

外灘 was tan
早朝の外灘

 

上海といえばまずはここ「外灘」!

外灘は”上海の窓口”と呼ばれている場所です。

1842年に上海が開港して以降、各国の金融機関や商社などの建物が立ち並び、”東方のウォール街”と呼ばれてました。今もその面影はバッチリ残っています。

 

外灘 wai tan
早朝の外灘 南京東路側

 

高級ブランドショップや、高級ホテル、レストランで食事や買い物を楽しみながら歴史建築群を散策できます。

 

外灘 屋上レストラン
外灘 屋上レストラン

 

また川沿いにあるレストランの屋上の席からは、外灘を一望できます!

家族や恋人と特別な時間を過ごしたい方は是非お訪れてみてください。

※川沿いにあるレストラン数店舗に屋上席が備わっています。事前予約必須!

 

外灘は夜景スポットして大変有名ですが、個人的には早朝の外灘をおすすめします!

 

アクセス 地下鉄2、10号線「南京東路」駅から徒歩約10分

 

上海ディズニーランド(上海迪士尼楽園)

上海ディズニーランド
上海ディズニーランド

上海ディズニーランド(上海迪士尼楽園)」は、2016にオープンしたばかりで世界で1番新しいディズニーランドです。

 

香港ディズニーランドより規模が大きく、敷地総面積は約390h。東京ディズニーランドが200hですから、アジアの中でもとても大きいディズニーランドになります。

 

夜の上海ディズニーランド
夜の上海ディズニーランド

 

また、日本のディズニーランドに比べて待ち時間が少ない上に、最新技術がいたるところに用いられています。特に最先端技術で進化した上海版「カリブの海賊」と、4D技術と時速約100kmのバイク型コースター「トロン・ライトサイクル・パワーラン」は世界的にとても評判が高いです。

 

アクセス 地下鉄11号線の終点「迪士尼」駅から徒歩10分
開園時間

夏期:8:00~22:00頃
冬季:8:00~19:00頃
※日や時期によって変わることがあります

料金

平日
大人:399元(約7000円)
子供:299元(約5300円)
休日
大人:575元(約10000円)
子供:471元(約7700円)
祝日(中国)
大人:665元(約12000円)
子供:498元(約9000円)

公式HP https://www.shanghaidisneyresort.com/en/destinations/theme-park/

 

 

 

豫園 (Yu Yuan)

豫園
豫園

 

豫園(よえん)」は明代(1368~1644年)に造られた江南式庭園です。

 

園内は約2万平方メートルもあり、敷地内には約40ヶ所もの見所があります。龍壁、曲がりくねった回廊や様々な形をした花窓など、美しい庭園がみられます。

 

庭園ほかにも、上海料理の名店「上海老飯店」や小籠包専門店「南翔饅頭店」などグルメも充実しているスポットです。特に「南翔饅頭店」は有名で連日多くの観光客が訪れます。

 

豫園
豫園

 

また夜にはライトアップされ、これぞ中国!!という景色がみられるのでおすすめです。

 

アクセス 地下鉄10号線「豫園」駅から徒歩約10分

 

上海中心大厦 (Shanghai zhongxin daxia)

上海中心大厦
上海中心大厦(1番大きいビル)

 

上海中心大厦(上海タワー)」は、2016年現在中国で最も大きい建物です。

1

そして世界においても、ドバイのブルジュ・ハリファに次ぐ、世界2位の高さを誇る超高層ビルです。632mという高さのほか、アメリカのゲンスラー社が手がけた美しいデザインも話題となっています。

 

上海中心大厦には、118階、125階、126階と3つの展望台があり、88階建ての「金茂大厦」、101階建ての「上海環球金融中心(森ビル)」を上から見下ろす眺望も必見です。

 

上海中心大厦
上海中心大厦展望台からの眺め(天気がいいともっと綺麗です)

 

アクセス 地下鉄2号線「陸家嘴」から徒歩約10分
料金(展望台) 118階まで
180元(約3000円)

125階まで
220元(約3700円)

126階まで
360元(約6000円)
公式HP http://www.shanghaitower.com.cn/shanghaizhongxin/video.html

 

田子坊 (tian zi fang)

田子坊
田子坊

田子坊(tian zi fang)」は、昔ながらの上海の街並みが楽しめ、狭い路地にアクセサリーショップやカフェなどおしゃれなお店がひしめくスポットとして、上海の若者や観光客から人気を集めています。

日本でいう原宿の様な場所です。

 

お店も高級ブランドショップなどではなく、上海オリジナルのものが多いため、路地裏を散策をしながら雑貨店を見てまわるだけでも十分楽しめます。

お店の入れ替わりも激しく、何度訪れても新しい発見があります。

 

田子坊の入り口がわかりにくい

 

しかし、田子坊への入り口は何箇所かあるのですが、どの入り口も非常にわかりづらいため、通り過ぎないように注意してください。

 

アクセス 地下鉄9号線「打浦橋」駅から徒歩1分

 

上海動物園(Shanghai Zoo)

上海動物園

 

上海動物園」は敷地面積約74.3万平方メートル(上野動物園は約14.3万平方メートル)と中国でも有数の大規模動物園。

 

中国でパンダを見たい!という人には上海動物園はとってもおすすめ!

 

上海にはパンダがいる動物園が2つのですが、上海動物園、市中心から比較的に近く、地下鉄の駅の目の前なのでアクセス抜群!

また、620種類以上の動物が飼育されており、パンダのほかにも、ライオンやキリンなどの人気動物や、ちょっとめずらしい動物も見ることができます。早朝から開いているので、人の少ない朝早くに行くのがおすすめです。

 

朝、上海動物園に行き、昼から水郷の「七宝老街」に行くルートはおすすめです。

上海動物園と七宝老街は距離にして約5kmと近く、タクシーでも15〜20分で行くことができます。

 

アクセス 地下鉄10号線「上海動物園」駅から徒歩1分
営業時間 3~10月 7:30~17:00
11~2月 7:30~16:30
料金 大人:40元(約700円)
学生:20元(約350円)

 

東方明珠電視塔 (Oriental Pearl Radio&TV Tower)

東方明珠電視塔 (Oriental Pearl Radio&TV Tower)
東方明珠電視塔(中央の建物)

 

東方明珠電視塔」といえば上海のシンボル的存在。

球体を串刺しにしたような独特の外観をしたテレビ塔です。

 

“上海タワー”や“Oriental Pearl Radio&TV Tower”とも呼ばれています。中国語では“东方名(dong fang ming zhu)”と言うことが一般的です。

 

高さ約468メートルで、展望台が3つあり、各展望台からは上海の街を360度見渡せる絶景ビューが楽しめます。中にはギフトショップや座席が360度回転するレストランなどがあります。

また東方明珠電視塔の真下には上海水族館もあります。

 

アクセス 地下鉄2号線「陸家嘴」駅から徒歩約3分
料金(展望台)

263mまで(展望台最上階)
220元(約4000円)

公式HP https://www.orientalpearltower.com/mobile/index.htm

 

新天地(xin tian di)

新天地

 

新天地」は、旧フランス租界(フランス人居留地)の建物を修復し、当時の街並みを再現したおしゃれなエリア。上海随一のおしゃれスポットと言われています。

 

テラス席付きのレストランやバー、ショッピングなどが楽しめます。(値段はどのお店も高め)

 

中国の雰囲気に少し飽きてきて、気分転換にヨーロッパの雰囲気を感じたいのであれば、おすすめです!また今でも再開発の続いているため、日々変化を遂げています。

 

新天地

 

夜になるとライトアップされ、外国人なども増えてくるので、また違った雰囲気が楽しめます。

恋人とのディナーにも、もってこいの場所です!

 

アクセス 地下鉄10、13号線「新天地」駅

 

南京路(nan jing lu)

南京東路
南京東路

 

「南京路」は上海一賑わっている繁華街です。全長約5kmもあり「人民公園」を中心に東と西にのびています。

人民公園から東を「南京東路」、西を「南京西路」と呼びます。

 

「南京東路」は老舗デパートやブランドショップ、近代的なお店が並んでおり、「南京西路」は高級ホテルやショッピングセンター、お洒落なカフェなどが並んでいます。

 

夜になると南京路は特に煌びやかにライトアップされるので、写真撮影にはおすすめです!

また南京東路から外灘まで一本の道で繋がっており、徒歩15分で行くことも可能なので、夜の散歩にはもってこいです!

 

最近は以前に比べてだいぶ少なくなりましたが、日本語で声をかけてくる客引きや、偽ブランド品のぼったくり、スリなども多発して場所なので、気をつけてくださいね!

 

アクセス 地下鉄1、2、8号線「人民広場」駅
地下鉄10号線「南京東路」駅

 

上海環球金融中心(森ビル)

上海環球金融中心
上海環球金融中心

 

上海環球金融中心」は2008年に日本の森ビルによって建設されたため、日本人からはよく「森ビル」の愛称で呼ばれています。

 

上海環球金融中心は上海中心大厦に次ぐ、上海で2番目に高い建物で栓抜きのような特徴的な形をしています。

 

高さ492m、地上101階の超高層ビルで、国際金融センター以外にも商業施設としても利用されるこのビルは、94階、97階〜100階が展望台になっており100階にある展望台「スカイウォーク100」では、透明なガラス張りの廊下から上海を一望することができます。

 

館内には日本でもおなじみのレストランをはじめ、多国籍なレストランやショップが多数軒を連ねており、たまにイベントが開催されたりもします。

 

また夜になるとビル全体がブルーにライトアップされとても幻想的な光景になります。

 

上海 森ビル
左手が上海環球金融中心

 

アクセス 地下鉄2号線「陸家嘴」駅から徒歩約7分
料金(展望台) 100階まで
180元(約3400円)

94階まで
120元(約2100円)
公式HP http://www.swfc-shanghai.com

 

上海雑技団

上海雑技団

 

上海雑技団」は上海の最大のエンターテイメント集団です!

日本でも上海雑技団は有名なため連日多くの観光客が訪れます。

 

集団皿回しや、椅子を斜めに積み上げる曲芸や空中ブランコのような大技などを劇場によりさまざまな演目を見ることができます。演者の多くは6歳ころから専門学校に通い、12歳でステージに立っているそうです。

 

上海商城劇院、上海馬戯城、沪西大劇院、雲峰劇院、白玉蘭劇場の5つの劇場があり、それぞれ特徴や上演時間が異なるので、事前に調べて行くとよいでしょう。

 

静安寺(jing an si)

静安寺

 

静安寺」は黄金に輝き、きらびやかで現代的な外観の建物ですが、実は呉の孫権によって建てられた1000年以上の歴史を持つ仏教寺院です。過去、1遣唐使として空海も訪れたとされています。

静安寺の内部には中国最大の、高さが4m大きさを誇る玉仏像がいます。

 

静安寺周辺には、たくさんのおしゃれなレストランやお店、大きな公園などもあり、とても雰囲気がいい場所です。

またさまざまな観光地へのアクセスもよく、ホテルも数多くあるので、上海旅行する際には静安寺でホテルを予約し拠点にしてもいいかもしれません。

 

アクセス 地下鉄7号線「静安寺」駅から徒歩1分

 

上海博物館

上海博物館

 

上海博物館」は1952年にオープンした上海で最大の博物館です。

 

古代中国をイメージして造られたという円形の不思議な形の建物の内部には、国の重要文化財に指定されている展示品が約13万点もあります

 

紀元前18世紀以前の貴重な青銅器や、唐代から清代までの書・絵画、約3000年前の貨幣など、様々な重要文化財を見ることができます。

 

そして上海博物館最大のうれしいポイントは入場料が無料ということ。

 

これだけの重要文化財を見ることができて入場料が無料ということで、秘かに上海で人気観光スポットになっています。

アクセス 地下鉄1、2、8号線「人民広場」駅から徒歩約5分
料金 無料

 

七宝老街(qi bao)

七宝
七宝

 

七宝老街」は1000年以上の歴史を誇る水郷です。

 

水郷(すいごう)とは湖や川の景色が美しい町や村の事を指します。上海近郊には水郷がいくつもあり、有名なのは周荘(しゅうそう)、朱家角(しゅかかく)ですが、市内から少し遠いです。しかし「七宝老街」は市内から地下鉄で約30分程でいけるため非常におすすめです。

 

七宝老街は運河の両側に赤と白を基調とし伝統的な瓦屋根を乗せた建物が建ち並び、まさに「古き良き中国」を体感することができます。

 

また七宝の運河には多くの舟が行き交っており、観光客も乗ることができます。

 

近年は観光客向けのお店も増えてきており、「南大街」というエリアでは、おまんじゅう、豚足、うずらの丸焼きなどさまざまなグルメを食べ歩きすることができます。

 

七宝

 

また夜にはライトアップされ、水面に移る提灯が幻想的な雰囲気を醸し出します。

 

アクセス 地下鉄9号線「七宝」駅から徒歩約10分

 

上海海洋水族館

上海海洋水族館

 

上海海洋水族館」は総建設面積20500平方メートルの世界最大級の水族館です。

2002年2月に上海のランドマークである東方明珠塔の横にオープンしました。

 

建物は地上3階地下2階で、世界を9つのゾーンに分け300種類、1万匹以上の世界中の生き物が飼育されています。

3階の「中国ゾーン」には中国長江流域の水を使用し、絶滅の危機に瀕している天然記念物の生物たちが飼育されています。

 

そして上海海洋水族館最大の目玉は、世界最長155mの「海底トンネル」です!

 

海底トンネル



海底を散歩しながら迫力満点の泳ぐサメやエイを眺めることができます!

 

アクセス 地下鉄2号線「陸家嘴」駅から徒歩約5分
営業時間 9:00~16:00
料金 大人:160元(約3000円)
子供:110元(約2000円)
公式HP www.sh-aquarium.com/

 

徐家匯(xu jia hui)

徐家汇

 

徐家匯」は上海の地元民からすると1番発展していて人気繁華街です。

 

南京路や陸家嘴のような観光客向けの繁華街には、実は地元民は滅多に行きません。

徐家匯には多くのショッピングセンターやレストランなどがあり、日々多くの現地の人たちが訪れています。

 

また中国で有名な「上海交通大学」が近くにあることから、学生が多い地域でもあります。

 

徐家匯は、今も開発途中で、毎年様変わりしており、中国の流行の多くはこの徐家匯から生まれています。

 

アクセス 地下鉄1、9、12号線「徐家汇」駅から徒歩1分

 

【穴場】上海おすすめ観光スポット7選

老碼頭(lao ma tou)

老码头
老码头

 

個人的に僕が上海で1番おすすめする場所は「老碼頭」です。

中国語で「老码头」と表記します。

老码头は港街の雰囲気を色濃く残す古い街をリノベーションして造られた場所です。

 

そして、実はこの「老码头」はガイドブックにもあまり載っておらず、現地の上海の人もあまり知りません

そのため隠れおしゃれレストラン街になっています。日本料理やインド料理、タイ料理、ギリシャ料理、東南アジア料理など様々なレストランがあります。

 

老码头
老码头

 

また老码头は裏外灘に位置しているため、少し落ち着いた場所から外灘が一望できます

外灘に行きたいけど人混みは苦手、でもお洒落な場所でディナーがしたいという方には是非おすすめしたい場所です!!

 

老码头へは地下鉄2、10号線「豫園」駅からタクシーで10分ほどです。

タクシーの運転手に「老码头」という文字を見せれば、豫園周辺にいるほとんどのタクシー運転手は分かるはずです!

観光客には少しハードルが高い場所ですが、それだけの価値があるので是非訪れてみてください。

 

アクセス 地下鉄2、10号線「豫園」駅からタクシーで10分

 

外灘を2元(30円)で渡れるフェリー東金線(超おすすめ)

上海 外灘
外灘

 

今からお話しすることは超ローカルですが、超おすすめです

なんと2元(約30円)で川からこの美しい外灘を眺めることができます。

 

普通もしこ川からこの外灘の景色を見たいと思った場合、ディナー付きの客船を予約するしかありません。しかし、言わずもがな料金は1人10000円以上します。

 

ですが、地元民が使う交通用のフェリーを使うことでたった30円でこの夢が実現されます!

 

南京路側から、陸家嘴方面に行く場合はフェリーの東金線を使うことをおすすめします

他にも路線はありますが、この東金線が分かりやすいです。

 

フェリー乗り場は「金陵東路渡口」

 

金陵東路渡口
金陵東路渡口

 

場所がわからない場合は、アプリの百度地図をダウンロードし、検索してみてください。

(※中国ではネットへの規制が厳しいためGoogleマップは正常に動きません)

中国でLINEやGoogleマップを使いたい場合はVPN付きのポケットWi-Fiが必要です。

 

僕がオススメする、VPN付きのおすすめポケットWi-Fiはこちらです。⤵︎

 

金陵東路渡口乗り場

 

船の運航時間は7:00~22:00で、約12分間隔で行き来しています。

 

東金線フェリー

 

フェリーの2階は吹き抜けになっているため、写真撮影には最適です。

安い代わりに、このフェリーは超高層ビル地帯の真正面には行かず、少し外れた所を運行しますが、十分写真で綺麗な風景を収めることができます。

 

また上で紹介した僕がおすすめする「老碼頭」から非常に近いので、「老碼頭」でディナーをして、このフェリーに乗り陸家嘴に行くプランは最高です!!

是非皆さん参考にしてみてください。

 

メルセデスベンツ・アリーナ(上海梅赛德斯)

メルセデスベンツアリーナ

 

上海メルセデスベンツ・アリーナ」は、上海最大のアリーナホールを擁する複合施設です。

 

2010年の上海万博開催時に造られた建物で、世界的に有名なアーティストが毎月ライブを開催しています。

僕も過去にテイラー・スウィフトやブルーノ・マーズ、ONE OK ROCKなどのコンサートをこのメルセデスベンツ・アリーナで見ました。

 

メルセデスベンツアリーナ
メルセデスベンツ・アリーナ

 

上海で特にやる事がなくなり、建築が好きな人は是非訪れてみてください!

巨大UFOのような形をしていて面白いですよ!

 

アクセス 地下鉄8号線「中華芸術宮」駅から徒歩1分

 

リニアモーターカー(MAGLEV)

リニアモーターカー
リニアモーターカー

 

観光スポットではないですが、実は上海では2004年から「リニアモーターカー(MAGLEV)」が運行しています。

 

日本でも2027年からリニアモーターカーが運行予定ですが、一足先に乗車することができます。

 

このリニアモーターカー(MAGLEV)は「上海浦東空港駅」と、上海の浦東にある「龍陽路駅」の2駅を結びます。つまり、浦東空港から上海市内までを結んでいます

 

料金は片道50元(750円)

最高時速は430キロ(相当早いです!!)

所要時間約8分

 

是非東浦空港から上海市内に向かう場合は利用してみてください!

 

上海ハッピーバレー(Happy Valley of Shanghai)

上海ハッピーバレー
上海ハッピーバレー

 

上海ハッピーバレー」は中国語で「上海欢乐谷(huan le gu)」といいます。

上海ハッピーバレー(欢乐谷)は中国最大規模の遊園地で、総工費40億元、敷地面積90万㎡を誇る一大テーマパークです。深セン、北京、成都に続いてオープンしました。

 

上海ハッピーバレー
上海ハッピーバレー

 

上海ハッピーバレーのアトラクションの多くは絶叫系です!

中国だからどうせショボいんでしょ?って思っていたら痛い目に合います笑

絶叫系が好きな人は上海ディズニーランドよりも上海ハッピーバレーをおすすめします

アトラクション数も多いので、一日中遊べますよ!

 

上海ハッピーバレー
プロジェクションマッピングショー

 

夜には、プロジェクションマッピングのショーが行われることもあり、かなり攻めている遊園地です!

 

アクセス

地下鉄9号線「佘山駅」からハッピーバレー行きのリムジンバスに乗る

または

市内からタクシーで1時間
タクシー料金は100〜150元

営業時間 朝9:30~夜21:00
料金 大人:240元(約4500円)
子供:160元(約3000円)
公式HP http://sh.happyvalley.cn

 

五角場(wu jiao chang)

 

五角場
五角場

 

五角場」は、上海を代表する繁華街「徐家汇」「南京東路」などと同じ「上海十大商業中心」の一つに数えられているエリアです。

あまりガイドブックなどでは紹介されていないので知らない人が多い場所でもあります。

 

しかし、巨大ショッピングモールやホテル、大学などが集まっている地域なので連日多くの人で賑わっています。

また中国で有名な「復旦大学」があることから、週末には多くの学生が訪れます。

 

アクセス 地下鉄10号線「五角場」駅から徒歩1分

 

古北(水城路)

 

古北

 

上海市の西にある「古北(グーベイ)」は上海の日本人街と言われています。

 

日本領事館や日本人学校、日系企業やそこで働く日本人も多く、それに伴って、日本食レストランや、日本人向けの個人経営の食堂、スーパー、カフェ、カラオケ、美容室などの環境が充実しています。

 

 

市内からは地下鉄で3、40分程かかりますが、上海虹橋空港からも近いため、アクセスは悪くはありません。

上海に長期滞在する予定の人は、是非覚えておいてくださいね!

 

アクセス 地下鉄10号線「水城路」駅から徒歩5分

 

そして最後にもう一度だけ言っておきますが、中国ではネットの規制が厳しいためYahooやGoogleのネット検索をはじめとして、LINEやインスタグラム、Facebook、YouTubeさえも使えません。

しかし普通のポケットWi-Fiではなく、VPN付きのポケットWi-Fiを使用すると、LINEやインスタグラムなど、全ての検索エンジンやSNSが使えます。

中国に旅行に行く際はVPN付きのポケットWi-Fiを忘れずに持っていってくださいね。また全てのポケットWi-FiにVPNが付いているわけではないので、VPN付きポケットWi-Fiを事前予約しておくことをおすすめします。

 

おすすめのVPN付きポケットWi-Fi

 

外灘 wai tan
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE